リージョンサイトの日本人っぽい写真に対する違和感

グローバルサイトにおいて。

リージョンごとの表示では、親しみをもたせるため、それぞれの人種の画像が用いられる場合がある。

ところが、日本向け表示にした場合に、他のアジア人(例えば中国人や韓国人)の写真が用いられてることがあって、これはサイト制作者が、この写真を日本人だと勘違いしているのか、もしくは似ていれば良いだろうという判断でそうなっているだろうと思う。

実際ストックフォト大手gettyなどで「日本人」と検索しても、日本人でない画像がかなり表示されるため、サイト制作に携わるものがその写真の人物を日本人と本気で信じている、ということは起こりうる。

実際、似ているのだから大した問題ではない、と考える人もいるだろう。だが、日本向けの場合はこれが、完全に日本人にヒットしていないとむしろ逆効果になるケースの方が多いのではないか、と感じる。

写真が西洋人であった場合、特に何も感じないし、スタイリッシュであるとすら感じるかもしれない。だが、日本以外のアジア人であった場合に、何とも言えないムズがゆさがある。これは何故なのだろう。

他の国の方はそういったことを感じるのだろうか?